4月のハッピーハウス活動報告

新しいステップ:希望と不安
四月になり、進級して上級生になる子もいれば、
小学校を卒業して中学生になる子もいます。
新学期はクラスも変わったり、
仲の良かったクラスメイトと離れ離れになったり、
環境も大きく変わるので、
心のバランスも不安定になりがちで、
悩みを抱える子供も大勢います。

学習のハンデ
ハッピーハウスに来る子供たちも、ポツポツと悩みをこぼします。
勉強も難しくなります。特に中学生になると、
新しい科目の英語が始まります。

英語は受験でも、その後の人生でも、
必要となってくるいわば一生ものの科目です。
裕福な家庭の子供たちは一年生のうちから
塾に通い詰め、念入りに準備をしますが、
そうでない子供たちは経済的に恵まれないというだけで、
学習面でもハンデを負ってしまいます。

文部科学省の「平成26年度子供の学習費調査」によれば、
 約7割が学校以外の場所での活動によって、
 学習の差を生み出しているとの発表があります。

※独立社団法人“Chance for Children”は、この学習格差と、
 貧困の連鎖を比較し、寄付を募る活動をされています。
 
子どもたちの不安とサポート
自主的に勉強すると言っても、
ゲームやテレビなどの誘惑が多く、
そんなことできるはずもありません。
子供たちには、学習をサポートして見守る大人が必要なのです。
家が貧しいと子供がよりよい教育を受けられず、
その子供も将来貧困に陥ってしまうという
いわゆる※「貧困の連鎖」は、現在日本では大きな問題となっています。
厚生労働省の調査によれば、生活保護世帯のおよそ4割が、
出身世帯でも生活保護経験をもっているそうです。

子ども達を見守る重要性
私たちスタッフは、子供たちの勉強への取り組みを見守り、
サポートすることで、彼らの学習面でのハンディキャップを
補うことができるよう努めています。

※「貧困の連鎖」
 厚生労働省の言葉では、
「生活保護世帯の子どもが、大人になって再び生活保護を受給するというケース」。

海外、他団体からの支援

国境を越えた食事の力
ハッピーハウスは、子どもたちの夕食を
週に2回提供し、なによりも、
彼らが安心していられる居場所を提供しています。
こうした食事を通した居場所は、日本以外にも、
世界中で重要視されています。
発展途上国でも、学校給食は、
子どもたちが学校に行くきっかけを作ります。

世界との繋がり
今回、東アフリカのマラウイの子どもたちに、
給食支援をしている団体である、
NPO法人せいぼ様から、夕食代として、
毎月定額の寄付を頂くことになりました。
この団体は、英国の通信会社でのモバルによって、
活動を支えられている団体で、
マラウイで一日に、約14,000人の子どもたちに、
給食を支援するための資金を、
日本で集めています。

上記で、アフリカの給食、
そしてハッピーハウスで行っている、
放課後の子どもたちの食事の写真を載せました。
国が違っても、食事が子供たちの身体的、知能的発展に、
とても重要であることは変わりません。
くわしくは、こちら

食事と子供たちの成長
国際社会でも、アメリカをはじめとして、
学校給食制度を重視し、
多くの子どもたちを支援してきた歴史があります。
日本も、給食を通じて、高度経済成長をし、
当時の子どもたちの笑顔が生まれました。

ハッピーハウスも、今の日本の子ども達に向き合うため、
他の団体とも協働して、食事を通して、
彼らの居場所を作り、子どもたちが、
自分がかけがえのない存在であることを意識できる、
そんな活動をしていきたいです。

※モバルと日本のチャリティについては、
 こちらもご覧ください。(英語記事)

※せいぼとハッピーハウスについて、
 詳しくはこちらも。

2019年度のハッピーハウス

新年度、子どもたちの成長
新年度、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。
たくさんの変化の中で、わくわくする気持ちと、
不安と戦いながら、努力していく方もいると思います。

ハッピーハウスの子どもたちも成長し、
それぞれが自分の個性を持って、
毎週宿題をやったり、学校の出来事をみんなに話したり、
元気になってきています。毎回の食事が、
なによりもその源です!

ハッピーハウスの運営
ハッピーハウスは、毎週火曜日、木曜日、
16:00~20:00の間で、子どもたちに夕食提供、
学習のサポート、保護者の方との相談の時間の確保、
様々な形で、子どもたちに寄り添っています。

大学生のボランティアが、食事を作り、
子どもたちと時間を過ごすことで、
成長する場でもあります。

日本社会のとの関わり
VIDESは、ハッピーハウスを通じて、
社会で何が起こっているかを知り、
それを地域の子ども達、親御さんとの関わりで、
深めていければと思っています。

そうした活動は、青年たちが社会に目を向け、
自分に何ができるかを考える場所でもあります。

こうした活動を通して、子ども達、
若者とこれからも、向き合っていければと思います。

2017.2.21

今日のごはんは中華丼!

お野菜たっぷりでとろとろの中華丼、みんなペロリと食べてくれました。
IMG_2283

おしゃれなマカロニサラダもみんな大喜び♪

星の形のパイナップルが隠れた、楽しいサラダでした。

IMG_2285

あたたかい日と寒い日と、行ったり来たりなこの頃。

みんな、よく食べて、よく寝て、元気に過ごせますように!

はじめまして!ハッピーハウスです♪

はじめまして。ハッピーハウスです。

私たちは2016年5月から活動をはじめました。

ハッピーハウスは、子どもたち・若者たちが共に過ごす居場所です。

毎週火曜日と木曜日の16時から20時まで、JR赤羽駅の近くで活動しています。

 

ハッピーハウスでは、一緒にお料理をして、みんなで夕食をいただきます。

他にも、宿題をしたり、おしゃべりしたり、トランプで遊んだり…♪

来てみようかな…という方、お気軽にご連絡ください。

皆さんと出会えるのを楽しみにしています!

%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%ef%bc%bf%e7%aa%93%e5%ad%90%e4%be%9b

これまでのお料理 No.1 〜炊きこみご飯〜

こんにちは!

これまで撮りためた夕食の写真も少しずつご紹介していきたいと思います♪

 

この日のお献立は、お吸い物と炊きこみごはんでした!

鶏肉、お揚げに、いろんなきのこ。

とってもやさしい味にできあがりました。

 

学校やお仕事から帰ってきて、みんなであたたかいごはんを囲み、ほっとできる時間です。

みんなおかわりしていたのがおいしかった証拠☆

image1

次回もおたのしみに!

 

2017.2.7 みんなだいすき!焼きそば!!

こんにちは!

今日は一人の小学生のリクエストで、焼きそばでした。

おとなもこどもも、みんなだいすきな味。

楽しくおいしくいただきました。

 

焼きそばには玉ねぎ、キャベツ、にんじんにもやしも。

玉ねぎとキノコのスープとサラダもついて、栄養満点でした!

 

焼きそばを作っている間、トランプで神経衰弱大会が始まりました。

ハッピーハウス一強いシスターでしたが、初めて来てくれた男の子が勝利!

新しい神経衰弱の王様です☆

 

外は冷たい風が吹く1日でしたが、

ハッピーハウスでは「夏の日みたい!」という名言が生まれるほど、

にぎやかに楽しく過ごしました♪

 

みんな、木曜日もまってます♪

2017.2.16 フィリピンDAY♪

今日はお母さんたちがフィリピン料理をつくってくださいました!

 

フィリピンカレーには、ココナッツミルクが入っています。

本当は、唐辛子を入れて、とっても辛いそうです!

ハッピーハウスでは子どもたちも一緒に食べられる辛くないカレーです。

IMG_2128

 

鶏肉、にんじん、じゃがいも、

パプリカ、ゆで卵。

栄養満点!

 

 

もう一品はフィリピン春巻き。お母さんたち、巻くのが上手!

私たちも教えていただきましたが…難しかったです。

IMG_2129

お肉とお野菜のやさしい味。お母さんたち、ごちそうさまでした!

 

おいしいごはんでおなかがいっぱい、お兄さんお姉さんたちと思う存分遊んで、

もちろん宿題もきちんとやりました♪

次は火曜日、みんなに会えるのが楽しみです!

 

*今日のひとこま*

「国旗ぬりえ」でフィリピンの国旗♪

IMG_2205