12月の活動報告

2019年12月の活動報告
ハッピーハウスの活動報告についてとなります。
今月の子供たちの様子と食事について、お伝えいたします。

活動内容と人数
・活動日
計8日間で、内容としては、「公園遊び・宿題指導・語らい時間・食事」となり、
元気に過ごすことができました。
平均参加人数としては、約12名となりました!
子どもが7名(中学生・小学生)、保護者が3名、
スタッフが2名となりました。

主な食事メニュー
八宝菜、チヂミ、もやしときゅうりとカニカマのナムル、
卵とわかめのおつゆなど、様々なものが提供できました!

子どもたちの様子
新しく、男子高校生スタッフが1人参加してくれています。
彼は、人との距離や考え方にポリシーを持ち、
強い態度で子どもたちと接してくれます。
まっすぐに向き合う彼だからこそ、
彼の伝えたい事を感じ取ろうとする子どもたちの態度が、
見られるようになりました。
多くの大人と関わる事は必要な事だと感じた出来事でした。

12月のご報告は以上です。
これからも、どうぞよろしくお願いします!

11月の活動報告

11月の子供たちの様子
寒くなっても、子どもたちは「公園いってもいい?」と
スタッフの顔を覗き込みます。
夕食前の30分間、近くの公園へ行き、
元気に遊んだ後の子どもたちは、しっかりとご飯を食べ、
家に帰ってぐっすりと眠れることでしょう。

子どもの日々はこれが1番!!
寒くなっても、元気な顔が見れ、とてもよかったです。

今月の活動内容の詳細
11月は、合計で8日間の活動となりました。
内容としては、公園で遊んだり、宿題をしたりなど、
いつも通り、元気な様子が見られました。

平均して、子供たちの参加人数は、5人程度で、
中学生、小学生となっていました。

食材と料理
お肉、野菜も十分に準備ができ、バランスが取れた食事ができました。
フルーツもみかんなどを加えることができました。

調理した食材

子どもたちの食べた料理

11月を終えて
寒くなり、体調を崩す子どもも増えてきました。
学校では、学習発表会や文化祭など行事もたくさんあり、
中学生になった子どもは、定期テストもあります。

様々な体験を積み、心身ともに成長する時期は、
同時に反抗期でもあります。
シスターとスタッフたちみんなで、
毎回子どもたちが帰宅後に、
今日の皆の言葉使いや態度を報告し合い、共有します。
見守る時とすぐに対処するべき事があるからです。

こうして、大人が周りにいる事は、とても大切だと痛感しています。